MENU
主婦の知っトク

【ニトリ】味噌の保存容器にピッタリ!イージーレバーキャニスター(460ml)

ニトリのイージーレバーキャニスターのアイキャッチ画像

こんにちは!ゆとり主婦マリー(@yutori_shuhu)です。

マリー
マリー
北海道民なのでニトリが好き!

ニトリには便利が保存容器がたくさんありますよね。

なかでも私は、しっかり密閉できる「Easyレバーキャニスター」を気に入っています。

そのうち460mlサイズは、味噌の保存容器(ストッカー)としても愛用!

味噌を入れるとどんな様子になるのかご紹介します。

ニトリの「Easyレバーキャニスター」とは

イージーレバーキャニスターは、ニトリで販売している密閉容器です。

サイズはさまざまありますが、今回ご紹介するのはM。

容量は460mlです。

買ってきたイージーレバーキャニスター

サイズは幅10×奥行10×高さ10.2cm。

ほぼ10センチ四方です。

イージーレバーキャニスターの裏側

本体の素材はAS樹脂。

火のそばに置かないでくださいね~。

台湾製です。

特徴1 ふたのレバーとパッキンが連動

イージーレバーキャニスターのふた

イージーレバーキャニスターの1番の特徴は、ふたにレバーがついていてパッキンと連動していることです。

ふたとレバーが連動しているイージーレバーキャニスター

このため、密閉度が高いのに、力をかけずに楽々開けられます♪

固まりやすい砂糖や塩、粉末だしなどを保存するのに向いています。

特徴2 収納しやすいすっきりとしたデザイン

真上から見たイージーレバーキャニスター

すっきりとしたスクエアベースのデザインが収納しやすいです。

下の写真では、塩ときび砂糖を入れています。

イージーレバーキャニスター整列

ピタッと収まるスクエア感と、持ちやすい角の丸みが絶妙なバランス!

ニトリのワンプッシュキャニスター写真8

奥2つがイージーレバーキャニスター、手前はニトリのワンプッシュキャニスターです。

真上から見ると白で統一されてすっきり見えます。

味噌の保存容器になる「イージーレバーキャニスター」

イージーレバーキャニスターのMサイズ(460ml)は、

実は、味噌の500gパックにピッタリの容量なんです。

500gのみそ

片手で楽々持てるのが500gの味噌です。

我が家は夫と二人暮らしのため、このサイズで十分。

マリー
マリー
北海道在住なので、道産みそを愛用しています。

袋から全部の味噌を押し出します。

これで容器の8~9分目くらいまできます。

味噌を詰めたイージーレバーキャニスター

このままムニュっとふたを閉めると・・・

じゃ~ん!

味噌を密閉したイージーレバーキャニスター

ぴったり収まりました(^^♪

 

イージーレバーキャニスターを味噌の保存容器として使い始めてから、味噌2袋目に突入しました。

それでわかったメリットはこちらです。

味噌を入れるメリット
  • 密閉度が高いので味噌が固くならない
  • 口が広くて詰め替えが楽&洗いやすい
  • 冷蔵庫内にスッキリ収まる

市販のプラスチックの容器のままだと、端っこの方の味噌が乾いてくるじゃないですか。

あれが起こらないのがうれしいです。

それと、冷蔵庫の中がスッキリして見えるので、意外とテンション上がります(笑)

冷蔵庫の中のイージーレバーキャニスター

 

一方でデメリットも発見しました!

味噌を使う時に、外したふたを置きにくいことです。

味噌がついているので、内側を上に向けて置きたいのですが、なにせレバーが上がった状態です。

鍋のふたをひっくり返して置くような感じで、ななめになるのでアンバランス。

少し気を使いますね!

口コミは?ニトリの「イージーレバーキャニスター」

ニトリ公式通販の口コミを見ると、5件の口コミがありました。

平均評価が5点満点中で、4.6!

かなりの高評価ですね。

評価のポイント
  • しっかり密閉できる
  • 重ねられる
  • 見た目がいい
  • ワンタッチで開閉できる
  • 口が広くて洗いやすい

唯一、評価を4をつけた方のマイナスポイントは、「ふたを洗うと中に水が入り、なかなか乾かない」点でした。

確かに、パッキンが伸縮する分の空洞があります。

まとめ 味噌

ニトリには、ちゃんと味噌ストッカーも販売されています。

ですからイージーレバーキャニスターに味噌を入れるのは邪道かもしれません。

でも、使いやすかったのでご紹介してみました♪

2人暮らしなら460mlサイズでOK。

それ以上の人数なら、さらに大きいサイズを選ぶといいですね。

冷蔵にちゃんと入るかもチェックしましょう★