MENU
主婦の知っトク

カランダッシュ849を日本製の替芯に交換!ブルーブラックを使う方法

カランダッシュ849を日本製の替芯に交換の記事アイキャッチ

こんにちは!ゆとり主婦マリー(@yutori_shuhu)です。

外国製のボールペンって見た目は可愛いけど、書き心地がちょっと・・・ということがありませんか?

私は最近、スイス製のカランダッシュ849というボールペンに出会いました。

カラーとシンプルな構造に惚れて即購入。

購入したカランダッシュのイエロー

ただ、書き心地や色味にこだわった結果、アダプターを使って日本製の替芯を入れること。

おかげで日本製のブルーブラックのジェルインクを使えるようになりました!

この記事では、写真入りで詳しく交換方法をお伝えします。

マリー
マリー
実際に工夫したことや、困ったことも全部公開~

カランダッシュ 849ボールペンとは

カランダッシュ849は、スイスの「カランダッシュ( CARAN d’ACHE)」というメーカーが製造しているボールペンです。

カランダッシュ社(CARAN d’ACHE)製

カランダッシュ社は1915年に鉛筆工場からスタートした100年以上続く老舗

特に筆記用具と画材が世界中で愛されています。

スイス製を誇っていて、849ボールペンにも「SWISS MADE」と印字されています。

849ボールペンの特徴3つ

849というのはシリーズの名前です。

そのまま「はちよんきゅう」と呼ばれています。

特徴は大きく3つあります。

おしゃれなデザインと頑丈さ、そしてコンパクトなサイズ感です。

849は六角形デザインがおしゃれ

カランダッシュの特徴は六角形のボディ

特徴の1つは六角形のボディ。

鉛筆のようなぬくもりを感じる、可愛らしい見た目です。

鉛筆っぽいということもあって、時代を問わないデザインが長く使える印象。

さらに、カラーバリエーションが豊富で現在販売されているだけでも40種類ほどあります。

私が購入した黄色の品番は「NF0849-010」です。

マリー
マリー
黄色が好きな私。定番のイエローに出会えました!レモン寄りでもオレンジ寄りでもなくド真ん中です♪

カランダッシュの公式通販サイトでは3300円で販売されています。

私は楽天市場で2000円以下で購入できました(^^)/

849はシンプルなつくりで頑丈

849ボールペンは、芯をのぞくとなんと3つの部品だけでできています。

カランダッシュの構造はシンプル
  • ボディ
  • ノック部分
  • ばね

これだけ構造が単純化されていれば、壊れにくいはずです!

849は短めでコンパクト

長さ約13㎝、重さ約15gとコンパクトで持ち運びに便利な大きさです。

ノック式なので手帳のお供にもぴったり。

2019年は、ほぼ日手帳ウィークリーを使っていた私。

さっそく849を挿してみました。

カランダッシュのイエローとほぼ日手帳のイエロー

スッキリ収まっていい感じです!

ただ、短い分だけ男性の手だと持ちにくいかもしれません。

そこは携帯性とのバランスですね。

カランダッシュ849にデフォルトで入っている芯

カランダッシュは、芯もすごいんです。

約8kmも書けるという、超長持ちのカートリッジ「ゴリアット芯」がデフォルトで入っています。

A4紙でいうと約600枚相当になるらしいです・・・

どんだけ書けるの~!

購入した849を分解すると、該当する芯が入っていました。

カランダッシュのゴリアット芯見た目

「ゴリアットカートリッジ黒F芯(細字)」です。

ペン先の細さは0.9mm。

書き味は悪くないのですが、ちょっと筆圧をかけないといけません。

カランダッシュ849の書き味

ザ・ボールペン!といった力強い書き味。

これも嫌いではないのですが・・・

当分は手帳で使用するつもりです。

薄い紙だと、筆圧で裏写りやボコボコができそうな点が気になりました。

日本製の替芯を使うためアダプターを購入

ゴリアット芯もいいけれど、日本製のなめらかなジェルボールペンの替芯が使えたらいいな~。

しかも、最近種類が増えている「ブルーブラック」のインクが使えたら最高です。

849専用の互換アダプター

調べたら、替芯用のアダプターがありました!

「カランダッシュでジェットストリームが使える」と書いてあるではありませんか。

これだ!と楽天市場で即ポチ。

お値段は1100円。

カランダッシュ本体の半分くらいでした。

アダプターに対応しているブルーブラックは1択のみ

カランダッシュ対応替え芯アダプターパッケージ入り

届いたアダプターを観察。

製造しているのは埼玉県にある「株式会社福島製作所」という会社です。

日本製ですね。

パッケージの裏側に、対応している替芯の一覧がありました。

カランダッシュ対応替え芯アダプターパッケージ裏面

販売ページにも記載されていましたが、よく読んでいませんでした(汗)

対応する替芯
  • 三菱鉛筆(SE-7/SXR-200-05/SXR-200-07)
  • ゼブラ(4C-0.4芯/4C-0.5芯/4C-0.7芯/4C-1.0芯/JSB-0.4芯/JSB-0.5芯/ESB-0.5芯/ESB-0.7芯)
  • パイロット(BRFS-10EF/BRFS-10F/BRFS-10M)
  • オート(R-4C7NP/R-4C5NP)
  • プラチナ(BSP-100S)
  • ぺんてる(KFS5/KFS7)

それぞれリフィルの型番を検索すると、ブルーブラックがあるリフィルは1つだけでした!(マリー調べ)

それがゼブラのJSB(0.4mm&0.5mm)です。

マリー
マリー
危ない、危ない。ジェットストリームにブルーブラックがあると思っていました~

ZEBRAのJSB芯は、近所の本屋さんやデパートでは見つからず(汗)

文房具専門店へ行き、やっとゲットできました。

ゼブラのJSE0.4芯ブルーブラックパッケージ入り

このJSBシリーズは5色展開で、アダプター対応リフィルの中では最多色。

  • ブラック
  • ロイヤルブルー
  • カーマインレッド
  • エメラルドグリーン
  • ブルーブラック

私が購入したのは0.4㎜のブルーブラック。

品番は「RJSB4-FB」です。

ちなみに、JSB芯の本家本元のボディは「シャーボ X」と「トレッチェント(B3A10)」です。

ゼブラの公式通販サイトでも替芯を購入できます。1本160円です。

カランダッシュ替芯の交換方法 ゼブラ(ZEBRA)JSB-0.4芯ブルーブラック

カランダッシュ本体・アダプター・替え芯が揃ったので、さっそく交換しました!

1、本体からゴリアット芯を抜く

カランダッシュは3つの部品でと芯でできている

まず本体を分解して、ゴリアット芯を抜き取ります。

ノックする部分は、真上から見て反時計回りに回せば外れます。

本体の中には、ばねも入っていますよ。

2、替芯にテープを巻いて太さを補う

ゼブラのJSE0.4芯ブルーブラックパッケージから出した所

JSB-0.4芯はゴリアット芯よりも少し細いみたいで、このまま入れると書く時に微妙に揺れます。

ペン先にすき間ができる感じです。

私は試行錯誤した末、JSB芯に透明テープを3回ほど巻いて太さを調整しました。

書きにくいと感じた場合は、テープを巻いてみてください(^^)

JBS0.4芯にセロテープを巻くわかりにくいですがセロテープを巻いています

3、アダプターに替芯を装着し本体に入れる

少し太くしたJSB-0.4芯をアダプターにはめます。

ペン先側の穴から入れるだけです。

替芯には、アダプターについてきた透明なゴムの輪をはめました。

JBS0.4芯にアダプターを装着した所

すごく小さいので、写真でも見えにくいかもしれません。

説明書には記載がなかったので、ゴムの輪はつけなくてもよさそうではあります。

しかしつけてみると、アダプターとのフィット感が増してよい気がしました。

続いて、替芯の先にばねをはめます。

JBS0.4芯にセロテープを巻く

あとは本体に入れてノック部分を閉じるだけ。

交換終了です!

ノックしてみてください。ちゃんと芯が出ますよ♪

ゼブラのJSE0.4芯ブルーブラックの書き味

0.4mmのブルーブラックでちゃんと書けました!

デメリット ペン先が微妙にマッチしない

芯を交換してしばらく使ってみると、気になることがでてきました。

ペン先が微妙なんです。

何が微妙かというと、ボディから飛び出す芯の長さがほんの少し足りない。

ゼブラのJSE0.4芯を入れたカランダッシュのペン先

見た目がイマイチなのと、書きやすさも減少している気がします。

あと1ミリ長く出てくれたら・・・!

これはカートリッジと替芯の長さによるものだと思います。

JSB-0.4芯以外で探せば、ぴったりくる芯があるかもしれません。

とはいっても、デフォルトのゴリアット芯よりは書きやすいと感じています。

メリット 日本製リフィルの書き心地と安さ

アダプターを使うと、書き心地がなめらかな日本製の替芯が使えます。

筆圧をかけなくてもサラサラっと書けるのが魅力です。

ゴリアット芯にはない「ブルーブラック」が使えるのも大きなメリットです。

また、ゴリアット芯の値段もネックです。

公式サイトでは1本1210円で販売されています

マリー
マリー
いくら長持ちするといっても、毎回購入するとなると出費が痛いかも・・・

それに比べて日本製の替芯なら、おおむね100円前後で入手しやすいです。

この先長く使っていくなら、アダプターを用意しておくと経済的です。

まとめ アダプターがあればカランダッシュをもっと楽しめる!

アダプターがあれば日本製の芯が使えるようになります。

芯を交換して違いを楽しむことも、ブルーブラックを選ぶこともできます。

生涯大事に使いたい849ボールペンだからこそ、自由度を高くしたいんです。

ちょっとしたストレスが減って、好きな気持ちがアップします。

マリー
マリー
もちろん、ゴリアット芯に戻すことも簡単です!

気分や使い道によって芯を変える。

アダプターがあればそんな楽しみ方ができますよ♪